ビルを省エネに切り替えるとコストダウンできる

エネルギー対策

建物

チェックのポイント

ビルの省エネ対策として、省エネ機器の導入があげられます。一般的に、エネルギーの消費量が大きいのは、エアコンなどの空調、屋内の照明器具、事務機器と言われています。最近は、少ないエネルギーの消費で稼動できるエアコンや事務機器などが販売されていますから、寿命などで交換するときには、よりエネルギーの消費量の少ないものへと交換した方がよいでしょう。また、ビルの外壁塗装などに太陽光を吸収する塗料を塗ると、屋内の温度を低く下げることができると言われています。ビルの省エネに役立ちそうなものを探して、利用しましょう。ビル内で働いている従業員に、省エネ対策を徹底してもらうことも重要です。省エネのチェックポイントを書類にして配り、省エネに関する意識づけを高くすることで、エネルギーの消費をおさえることができるのではないでしょうか。「クールビズ」と言われますが、夏は洋服を軽装にしてまたは冬に厚着をすることで、エアコンの室内温度を調整することができ、省エネになります。室内に従業員の数が少ないときは移動して、一ヶ所にまとまって仕事をしましょう。使わない電気は、小まめに消すことです。性能の良いエネルギー機器を使用することと、従業員の意識を高めることで多くの無駄をカットすることができます。ビルの省エネ対策としてさまざまな方法がありますが、それを従業員の一人一人に徹底してもらうことで、効果を最大限に上げることができるでしょう。また、自動制御システムを導入して光熱費を節約するのもおすすめです。

太陽光発電

農家の新しい副業のかたち

ソーラーシェアリングは、農地に太陽光パネルを設置することにより、耕作を続けながら同時に発電事業が行えるシステムです。余剰電力は売却することができるため、土地を有効に活用し、安定した副業収入が得られます。

病院

医療関係は独特

クリニックの設計は、実績のある会社にお願いするのが大切です。その際は件数のみでなく、診療科も確認するようにしましょう。自分のイメージだけでなく、信頼できる会社に客観的な意見を言ってもらったほうが良いクリニックになります。既に成功している開業医に紹介してもらえれば、より確実です。

作業員

自動で作る希望の環境

機械にセンサーを組み合わせて自動で動かすことを自動制御と呼びます。水槽のサーモスタットなどに自動制御の技術は使われていて、人が逐一操作しなくても希望通りの状況を作り出すことができます。状況の変化をきめ細かく設定できるのも利点です。